子供に音楽を習わせることは、昔から子供の感性を豊かにしたり、脳の働きを良くする効果があるということで、とても人気の高い幼児教育の一つです。脳科学の研究においても、音楽教育を受けると異なった音を聴き分ける処理能力が高まり、基本周波数を的確に取り出す力が身に付く効果があると言われています。この基本周波数を取り出す能力というのは、英語の聞き取りや発音を上手くできるようになることに役立つと言われています。音楽を聴くことによって、様々な周波数の音源に触れることによって、自然と脳や聴覚が鍛えられます。そして、言語の音も正しく認識したり、識別したりすることが可能で、更に聞き取った音やイントネーションなどを正確に真似ることができる力の基礎が培われます。つまり、音楽教育は語学学習をする上でも、相乗効果をもたらしてくれる幼児教育だということです。

音楽に触れる幼児教育が子供の能力を高めるわけ

様々な種類のある幼児教育の中でも、子供が小さいうちに音楽に触れさせてあげることは、脳の発達にとても有効で、その後の学習面や能力面の発達に大きな効果が期待できると言われています。その理由は、人の様々な神経は12歳前後で完全に発達すると言われおり、12歳を迎えるまでに、指を動かして楽器を演奏したり、楽譜の旋律を暗記したり、あるいは音やリズムなどを感じ取ってそれを自分で表現したりする経験を持つと、脳の様々な機能が鍛えられるからです。その結果、読解力や文章力、聴き取り能力、会話する力などあらゆる能力の向上を促してくれます。また、絶対音感を身に付けるためには6歳までに音楽教育を施す必要があると言われており、それ以上の年齢になると神経機能が成熟してしまい、新たに身に付けることが難しいと言われています。そのため、発育スピードが速い幼少期に音楽に接することは、子供の将来に大きなメリットを残すことになることだと言えます。

幼児教育では考える力を養う

子どもが生まれてしばらくは泣くか寝ているかです。親としては泣くのに対応するのに疲れることがありますが、子どもにとっては泣くのがコミュニケーションの手段なので仕方ありません。いずれ話ができるようになるまでは泣いていろいろな状況を知らせてくれます。それに対して親はしっかり答えます。言葉が話せるようになれば少しずつ言葉を覚えさせますが、それ程集中はしてくれません。幼児教育では考える力を養うようにしてくれるとされています。子どもは普通に成長すれば自然に言葉などを覚えます。これは親が教えたり、生きていくのに必要な言葉として覚えていきます。それとは別に教育として、子どもに興味を与えさせて勉強をしていきます。怒ったりすることはありませんが、子どもの自由にさせるわけではありません。そうすることで学ぶ楽しさを教えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*