子供が小さなころは、子供が楽しめることから幼児教育を始めることで、親子で笑顔で遊びながら、子供の成長を見守ることができます。おもちゃで遊ぶ時に、子供の脳を鍛えることができるおもちゃもあります。子供がしっかりと考えて、集中して遊べる積み木のおもちゃなど、幼児教育の事を考えたおもちゃの商品をさがすこともできます。積み木で遊ぶ時に、小さな子供なら、簡単に組み立てられるものから挑戦していき、完成したときに、親子で喜ぶこともでき、楽しいです。また、慣れてきたときに、少し難易度の高いものを作れるように挑戦することで、子供が完成させることができる場合もあります。達成感があるおもちゃで遊ぶことも大切です。また、絵本を読むことで、子供が本により興味を持ってくれ、子供が読書をする習慣をつけることができます。子供が小さいころは、親子で一緒に絵本を読むことも大事なことです。

賢い子育ては幼児教育から

二人の子供を育てていますが、小学生になって、幼児教育の効果をそれなりに感じていることがあります。二人とも英語は2才頃から始めて、歌や手遊びをやりながらアルファベット、簡単な会話を学びました。その前は妻が手書きのイラストをカードに描いて言葉を結びつける練習をしたりもしており、幼稚園に上がる頃には大分言葉を覚えていた様に覚えています。巷では弊害もよく指摘されていますが、本人たちが遊び半分で楽しくやっていましたので、その範囲であれば負担もありませんし、十分効果も出るかと考えています。今では二人とも積極的に算数の問題を解いたり英語や国語の本を図書館で借りてきては好き勝手に読んで楽しんでいます。特別なことは今はしていませんが、成績も困ることもなく、何より本人たちが自信を持って毎日を送れているのが素晴らしいと感じています。幼児期は何でも吸収できますから、変な遠慮はせずにどんどん教えてあげれば、きっと実を結ぶと信じています。

遊びに取り入れる幼児教育。

幼児教育というと、みっちり机に座って勉強をというイメージが付いてきます。ですが、幼児期は遊びの中で楽しみの中で学んでいくのが大切です。では、どのような遊びが良いのかと言うと、ひたすら自由にというよりある程度のルールを決めておき、それを守るために頭を使うような遊びは子どもが好みがちです。よくゲームが好きな子もいますが、いかに決められたルールの中でうまく攻略するかを考えるのが好きな子にそういう子が多いです。だから、ある程度の不自由の中から勝ち取るような遊びを取り入れると良いでしょう。なかなかお母さん方がそういう遊びを考え出すのは大変です。最近はインターネットでも色々と遊びも載っていますますし、昔ながらの遊びの中にもそういうものはあります。お子さん同士で遊ぶのもいいですし、お父さんお母さんが一緒に遊んであげるのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*