今、幼児教育が注目を浴びています。ではこの幼児教育とはどのようなものでしょうか。人間の脳は3歳までに80%出来上がると言われているくらい、小さな頃の体験や経験が重要です。その為、この時期にしっかり教育を受ける事で、可能性を最大限に伸ばす事が出来ます。子供の力は未知です。とくに小さな子供は見る物触る物全てが初めてで、それらをどんどん見て聞いて学んで成長していきます。その刺激が脳に伝わり、どんどん可能性が広がっていきます。そんな小さな時期を無駄にしない為にもたくさんの経験をしていきましょう。その為には是非幼児教育を受けていきましょう。運動能力を高め、好奇心を積極的に伸ばしていきます。子供達の出来ることをどんどん増やし、その子の可能性を伸ばしていきます。そうする事で将来にこの経験を活かす事が出来るでしょう。

幼児教育のメリットとデメリット

3歳頃までに覚えたことは、脳に大きな影響を与えます。幼児教育を行うメリットは、さまざまな能力向上につながります。高い才能をはっきしたり、天才時になる可能性もあるため、とても魅力的な考え方です。幼児教育はデメリットも考えられます。早期の教育を続けていると、独り言や食欲不振などがあります。受身の教育を続けていると、自発性が損なわれる可能性もあります。大事なことは子供の意思を尊重し、子供の興味のある分野を見つけてあげたり、しっかりと話をするようにします。教育は一方通行ではなく、子供の様子をよく確認して考えを聞くことも大事です。通信教育を利用すれば自宅でもできるので、親が子供の様子をしっかりと見ながら、サポートをするようにします。子供と遊ぶだけでも運動になるので、仕事で忙しくてもできる限り関わりを持つようにします。

幼児教育は必要です。

小学校に入学する前に幼児教育をしておくことはとても意味があります。何もせずに小学校に入学したこと、幼児教育をきちんと受けた子供とでは、やはり小学校入学時に差ができています。やるかやらないかは親の教育方針次第です。幼児の間は思う存分遊ばせたい、勉強は小学校に入学してからやればいいと考える親の場合は、わざわざ幼児のときから勉強はさせないでしょう。しかし、それが本当に子供のためになるのかは別問題です。小学校に入るまでにある程度のひらがなは書けたほうがいいですし、簡単な足し算、引き算が出来ているだけで入学後の勉強がとても楽になります。学校の勉強に余裕があるということはとてもいいことです。それだけで子供の中にもゆとりが生まれますし、授業に対する苦痛もありません。ジッと座っていられることもできるようになります。

幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 幼児教育のお悩みはご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です